title

釣りの言葉

釣り用語を覚えよう

釣りの用語を紹介します。
釣りの用語を使った4コママンガもありますので、楽しみながら釣り用語を覚えて釣りを楽しみましょう。


釣り用語 【あ】

青イソメ
海釣りのエサとして最も使われるイソメ投げ釣りでも切れにくく値段も安くどこの餌屋でも扱っている。
ハゼ・カレイ・アイナメ・キス・イシモチ等、なげ釣りや防波堤での釣りの餌として使われている。
青イソメの保存方法はこちらに解説があります。
青イソメの飼育方法はこちらに解説があります。
アイゴ
スズキ目 アイゴ科 トゲに毒腺があり体型は楕円型で平たく白や青の斑点がある魚。
藻の多い岩礁に住むメジナ釣りの外道として釣れる。
アイゴの毒は死んでも残っているので料理するときは最初にトゲを取ってから料理すること。
アイナメ
カサゴ目 アイナメ科 全国の岩礁地帯に住む魚。岩礁に生息し根魚釣りとして人気のある魚。
投げ釣りや沖づり、堤防釣りなどで狙う。最近はルアー釣りとして狙う人も増えてきた。
淡白でくせがない白身の魚で、刺身、煮付け、塩焼き、から揚げ等食べて美味しい魚である。
青物
サバ、カツオ、カンパチ、ブリなど背が青みがかった魚の総称。
鯛やヒラメ等餌釣りの外道としてかかると横走りしオマツリの原因となるので嫌われる。
青物狙いの釣りでは通常ブリ、ヒラマサ、カツオ、カンパチ等の大型魚狙いを意味する。
あおる
エサを踊らせ魚を誘ったり、がかりをはずすために竿を上下させること。
根掛りが1度で抜けない時はラインを一旦たるませてから再度あおってみるとラインの張りが抜けて外れることがある。
こませ餌を撒くために竿を大きくしゃくる動作。
赤イソメ
海釣りのエサとしてよく使われる。魚釣り、アイナメ、カサゴ、黒メバル釣り等に良く使われている。
中国産が多い、関西ではマムシと呼ばれている。
赤イソメの保存方法はここに解説されています。
赤潮
大雨、日照り、汚染などの影響で、プランクトンが異常発生して赤褐色になった海水。
赤潮被害が漁業や水産業に及ぼす影響を抑えるため、赤潮の発生時や発生が予想されるときに、都道府県の担当部局は赤潮警報や注意報などを出して関係機関や漁業者に注意を呼びかけることがある。
アクション
魚をさそうために竿を操作して、ルアーに動きを与えること。または、ルアーの動き。
ルアーアクションとして、シェイキング、ストップ&ゴー、ボトムクロール、ボトムバンピング、トウィッチング、 リフト&フォール、ジャーキング、フォーリング等があり、ここで解説されている。
上げ三分、
潮が満ちたり引いたりして1日に約2回「満潮」と「干潮」を繰り返していることを潮汐(ちょうせき)と言います。
魚の活性が高まる潮時。潮が動き始めてから止まるまでを10等分し、潮止まりから上げ潮になった三分、あるいは下げ潮になった三分が海釣りのねらいめといわれている。
上げ潮
潮が満ちたり引いたりして1日に約2回「満潮」と「干潮」を繰り返していることを潮汐(ちょうせき)と言います。
満ち潮。干潮から満潮にかけての潮を上げ潮、これに対して満潮から干潮にかけての潮を下げ潮と言う。
潮汐は月と太陽の引力で起きるが,地形によってその起きる時刻ずれたりする。潮時表はここで解説されている。
アコウダイ
カサゴ目 フサカサゴ科 青森から静岡の沖の深場が釣り場200m以上の深さの岩礁地帯に生息。
釣期は12-4月で10数本の枝針を付けた胴付き仕掛けと深海用の大型リールを用いる。
餌はイカやサバなどの短冊を使う。
刺身、洗い、味噌漬、粕漬、塩焼、煮付け等食べて美味しい魚である。
浅場
水深の浅いところ。
乗っ込みになればヘラブナは超浅場に群れをなして上がってきます。
各地のへらぶなの室生ダムのシーンがまさにその状況です。
超浅場しか釣座を構えられない状況では、どのような釣り方をすればいいのでしょうか?ここで解説されています。
朝まずめ
日の出前の薄明かりの頃の時間帯をいう。
釣りでは、この朝まずめと日没前後の暗くなるまでの夕まずめがよく釣れる時間帯である。
日の光が斜めに入るので釣り糸が魚から見えにくくなる。
足場
釣り座のこと。足場が良い、悪いという。
海釣りの釣の座の選定は、潮がどの方向に流れているか、水深は有るか、周辺に沈み、離れ瀬は有るか、
取り込みに問題は無いか、満潮時に何処まで潮が上がってくるか、風向きはどうか等で選定します。
アジ
マアジ スズキ目 アジ科 日本各地に生息し庶民に好まれている魚。
体側中央にアジ科特有のゼイゴと呼ばれるウロコがある。
回遊魚で防波堤でも手軽に釣れ食味からも人気のある釣り魚のターゲットである。
タタキ、フライ、から揚げ、南蛮漬け、干物としても美味しい。
マアジの他に、「アカアジ」「オニアジ」「ムロアジ」「マルアジ」と種類がある。
あたり
魚が針にかかった時に、竿先やウキに表れる変化や手応えのこと。
投げ釣りで「コッン、ブル」はキスのあたりで「コッツン」はメゴチのあたり。
サビキ釣りの小魚はさお先に「プルプル」とあたりがでます。
太刀魚のあたりで食い上げの場合は「フワッ」と竿が軽くなる。
荒食い
魚がエサを活発に食う状態。
産卵前や産卵後に発生する、特に春の産卵期に沖合いにいた魚が一斉に浅場に入ってくる事をノッコミと言い荒食いすることが多い。
また海が大荒れしてエサにありつけなかった後などにも起こる。
台風通過後の落ち着いた2.3日後には荒食いなどが起こりやすい。
アナゴ
ウナギ目 アナゴ科 北海道以南に生息 稚魚は黒潮に乗って流され成長が進むと内湾の砂泥底に移動する。
夏から秋が釣り期。ウナギより脂肪が少なく淡白な味。テンプラ、蒲焼が旨い。
東京湾では夕方出発の乗り合い船があり勤め帰りのサラリーマンに人気で釣ったアナゴは船宿でさばいてくれる。
アマダイ
スズキ目 アマダイ科 本州中部以南の水深30mから150mに生息。
額が出っぱっているのが特徴で、目は出っぱった額の近くにあり目の後ろに班紋がある。
体の断面は左右に平たい楕円形であり全身は鮮やかなピンク色で腹は白っぽい。
沖釣りで狙う。餌はエビ、イカ、イソメ等。白身の魚で水分が多く柔らかい。
合わせ
アタリに合わせて、ハリを魚に掛けるために竿をあおったりすること。このタイミングが釣果を上げる重要なポイントとなる。
向こう合わせとは合わせの必要がなく、魚が勝手にかかる状態を言う。
合わせの難しい釣りはカワハギ釣りで、空合わせとはあたりを感じなくても適当なタイミングで合わせを入れてみる事。またあたりがあってもすぐに合わせても釣れない魚としてヒラメやコチが有名、ヒラメ40コチ20という言う格言がある。
アンカー
船が流されないように使うイカリのこと。
ボートのアンカーは海底を引っ掻くようにして効きますからボートからある程度離れていないと効果がでない。
投入位置は魚がいる場所から、ボートが流されるのと反対方向に水深の約1.5倍離れた場所を目安にします。
ロープの長さを水深の約1.5倍と少し長めに設定、アンカーが着底したらロープを持つ手を緩めてボートを流し、ポイントまできたらロープをボートに結んで固定する。アンカーとアンカーリングはここで解説されています。

yumec About Us | ©2008 Yumeco.com