title

釣りの言葉

釣り用語を覚えよう

■ 釣り用語集 ■

釣りの用語を紹介します。
釣りの用語を使った4コママンガもありますので、楽しみながら釣り用語を覚えて釣りを楽しみましょう。


釣り用語 【あ】

青イソメ
海釣りのエサとして最も使われるイソメ投げ釣りでも切れにくく値段も安くどこの餌屋でも扱っている。
青物
サバ、アジ、カツオ、カンパチ、ブリなど背が青みがかった魚の総称。
あおる
魚を誘ったり、がかりをはずすために竿を上にあげること。
赤イソメ
海釣りのエサとしてよく使われる。魚釣り、アイナメ、カサゴ、黒メバル釣り等に良く使われている。
赤潮
大雨、日照り、汚染などの影響で、プランクトンが異常発生して赤褐色になった海水。
アクション
魚をさそうために竿を操作して、ルアーに動きを与えること。または、ルアーの動き。
上げ三分、
魚の活性が高まる潮時。潮が動き始めてから止まるまでを10等分し、潮止まりから上げ潮になった三分、あるいは下げ潮になった三分が海釣りのねらいめといわれている。
上げ潮
満ち潮。干潮から満潮にかけての潮。
浅場
水深の浅いところ。
朝まずめ
日の出前の薄明かりの頃の時間帯をいう。釣りでは、この朝まずめと日没前後の暗くなるまでの夕まずめがよく釣れる時間帯である。
足場
釣り座のこと。足場が良い、悪いという。
あたり
魚が針にかかった時に、竿先やウキに表れる変化や手応えのこと。
荒食い
魚がエサを活発に食う状態。
合わせ
アタリに合わせて、ハリを魚に掛けるために竿をあおったりすること。このタイミングが釣果を上げる重要なポイントとなる。
アンカー
船が流されないように使うイカリのこと。

yumec About Us | ©2008 Yumeco.com